交通事故の際に起こったトラブルは弁護士に依頼することで解決できる

まとめサイトを使おう

辞書

自動車やバイクに乗車中、相手を怪我させたり被害にあったりした場合は、後遺症が残らないようにするためにも怪我の治療に集中をする必要があります。
そのため、被害者や加害者に対する示談の交渉が後手に回り手続きが遅れてしまうケースがあるのです。
もちろん保険会社が仲介に入ってもらうことも可能ですが、弁護士へ相談をすることによって迅速に解決できますし交渉がしやすくなります。
弁護士が所属している法律事務所の中でも、自動車やバイクの事故を専門サービスとしているところがあり、解決件数が多ければ多いほど様々な状況に対して的確に対応をしてもらえます。
示談金に納得がいかない場合は裁判に発展することがあり、その場合も弁護士へ継続して依頼をしやすくなります。

法律事務所では自動車やバイクの事故に関する相談を、まずは無料で受け付けているケースが多いです。
電話やメールそして問い合わせフォームから相談をしていくのですが、正式に依頼をするまでは費用がかかりません。
そして依頼をすることになれば着手金が必要となります。
着手金は法律事務所や弁護士によって金額が変わり、不要とするところもあれば一律数十万円を支払うこともあります。
加害者側との示談の内容において賠償金に納得がいかず増額を希望する場合は、その上げ幅に応じて着手金が設定されるケースがあります。
そして示談交渉もしくは裁判において増額に成功した場合は、成功報酬として10パーセントから20パーセントほどの金額を支払うのですが、その対象を増額幅を基準とし弁護士費用を低価格に抑えてくれる法律事務所もあります。