美容皮膚科でボトックスを受けよう【慎重に病院を選ぶべし】

女性
  1. ホーム
  2. ボトックス注射の基礎知識

ボトックス注射の基礎知識

女の人

ボトックスって?

美容医療の分野でよく耳にするボトックス注射は、タンパク質の一種であるボツリヌストキシンによって筋肉と神経の働きを局所的に弱める作用があります。筋肉の動きを弱めることで、表情ジワの解消やエラの筋肉を小さくして小顔にするなどの効果が期待できる治療法です。表情ジワやエラ張りの解消の他にも、ボトックスを注入する部位によって、さまざまな効果が期待できます。発達したふくらはぎが気になる人は、ふくらはぎに注入することでパンパンに張っていたふくらはぎを細くすることができますし、口周りに注入すれば、口をすぼめたときにできる細かなシワを解消することもできます。施術の前にはカウンセリングを受けるのが一般的です。どのようなトラブルを解消したいのかを伝え、どのような治療を受けることができるのかについて医師から説明を受けることができます。施術の際には、まず注射する部位を消毒し、局部麻酔のクリームやテープを付けて30分ほど待った後、細い針を使ってボトックスを注入していきます。注射の跡はほとんど目立たず、顔に打ったとしても、すぐにメイクをして帰宅することができます。ボトックス注射は、打ってすぐに効果を実感できるわけではありません。効果を感じられる時期は、部位によって異なります。表情ジワであれば施術後、3〜7日ほど、エラやふくらはぎの場合は3〜4週間、多汗症治療のためにワキに注射した場合には3〜7日ほどで効果を感じられると言われています。このように、効果を感じられるようになるまでには一定の期間が必要となりますので、施術後は焦らずに様子を見るようにしましょう。ボトックスの効果は永遠に続くわけではありません。効果の持続期間は個人差がありますが、だいたい3〜4か月くらいだと考えましょう。効果を持続させるためには、効果が切れるタイミングに合わせて継続して注射をする必要があります。回数を重ねるごとに持続期間が少しずつ長くなっていくので、続けるほどにメンテナンスも楽になっていきます。ボトックス注射は、難しい施術ではないものの、医師の腕の良さが問われることに変わりはありません。たかが注射だからどこでも同じだと考えず、クリニックは慎重に選ぶようにしましょう。品質の良い薬剤を使用しており、技術力の高い医師がいるクリニックを選ぶことが大切です。ボトックス注射は効果が高い割に、リスクや失敗の少ない治療法です。効果が切れれば元に戻るので、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。